相続・遺産分割

相続問題は家族の歴史とも密接に関連する事から、これまでの家族内での不平・不満も重なり冷静な話し合いができなくなったり、相続問題を放置される事も多く、弁護士が介入する必要性の高い問題の1つです。

当事務所では、これまでに不動産が絡む相続や保険が絡む相続問題にも数多く解決してきた実績がありますので、ぜひ一度ご相談下さい。

相続・遺産分割

相続・遺産分割でお困りの方へ

  • 遺産の分割方法で悩んでいる方
  • 家族と冷静な話し合いができない
  • 分割された遺産が少ないと考えている方
  • 自分に不利な遺言書が見つかった方
  • 共有状態の不動産を分割したい方
  • 今後のために遺言書を遺したい

自宅などの不動産の所有率が高い事は、宮崎県の大きな特徴の1つです。このような時に、家族間での相続問題が発生すればこれらの不動産をどのように家族で分配するのかという深刻な問題が生じます。なぜなら、不動産は、預金などの現金とは異なり、単純に分割する事ができないからです。

また、その相続財産の分配方法も、単純に分配するだけでは足りず、相続に至るまでの経緯なども考慮して相続割合を決めなければなりません。さらに、遺言書が存在したとしても、相続割合が少なすぎる場合には、遺留分減殺請求権を行使し、本来もらえるべき正当な相続割合に則って相続財産を請求する事となります。

そのため、一口に相続問題と言っても、その内容や解決方法は各家庭によって大きく異なると言っても過言ではなく、家族間での十分な話し合いと納得のいく解決が必要となります。

しかし、相続問題は家族の歴史とも密接に関連する事から、家族内だけでの話し合いでは、これまでの家族内での不平・不満もあいまって冷静な話し合いができなくなったり、相続問題を放置したりするケースが多く見られます。しかし、そうなると相続財産は凍結ないし処分する事ができなくなり、問題はさらに悪化してしまいます。

したがって、相続問題が発生した場合には、早期に弁護士にご相談の上、家族関係まで考慮した解決を図る事が重要となります。

弁護士法人きさらぎでは、事業活動を行う方の事業承継対策から、一般の方の遺言書作成などの財産承継対策に関しても取扱実績がございます。お気軽にご相談ください。

主なサービス内容

  • 遺言書作成
  • 遺産相続
  • 遺留分分割
  • 不動産の共有物分割
  • 財産の使い込み対策
  • 事業承継

相続・遺言の弁護士費用

初回相談無料お気軽にご相談ください

弁護士が代理人になる場合

着手金:20万円※1
報酬金:得られた経済的利益の10%

遺言書作成

自筆証書遺言作成:5万円
公正証書遺言:10万円

  • 1:調停・訴訟に移行する毎に、追加着手金として10万円。
  • 弁護士費用は全て税抜です。

初回相談は無料ですお気軽にご相談ください

お問い合わせ 0985-41-5524 よいここにしよう

ご予約・お問合せはこちら

初回相談は無料です
お気軽にご相談ください

新規予約専用ダイヤル

よい ここにしよう

0985-41-5524

平日10:00〜20:00

初回相談は無料ですお気軽にご相談ください

ご相談のご予約・お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください なお、お電話での法律相談はお受けできませんので、ご了承いただけましたら幸いです

新規予約専用ダイヤル

TEL 0985-41-5524 よいここにしよう

TEL 0985-41-5524 よいここにしよう

電話受付時間平日10:00〜20:00

駐車料金は、当事務所が負担いたします
ページTOPヘ