相続放棄を弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼をすると言うと、戸惑う方も多くいらっしゃるかもしれません。しかし、相続放棄は家庭裁判所に申立を行う法的な手続である事から、安心して処理するためにも弁護士への依頼を検討してみて下さい。本ページでは、弁護士に依頼するメリットについてご説明致します。

相続放棄を弁護士に依頼するメリット

相続放棄は、専門家に依頼せずにご自身で行うことも可能な手続きです。もちろん、ご自身で行うことによる最大のメリットは、費用が安く済むという点かと思います。

しかし、相続放棄は法的な手続きであり、書面の書き方や裁判所との対応が非常に多く重要になってくるため、ご自身でいざ行うとなると、思っている以上に時間がかかってしまい、中には期限の「3ヶ月以内」に完了することができなかったケースもあります。

また、「どのように書いたら良いかわからない」「言ってはいけないことを言ってしまうかもしれない」などの悩みを抱え、途中で弁護士に相談に来られる方が非常に多くいらっしゃいます。

では、相続放棄を専門家である弁護士に依頼するメリットはどのようなことがあるでしょうか。

1. 相続放棄を弁護士に相談するメリット

  • 相続関係を証明するための戸籍謄本がなかなか集められない・・・
  • 申述書の書き方が分からない・・・
  • 裁判所からの照会にどう答えていいか分からない・・・
  • 書類に不備があり、何度も裁判所からの連絡に対応しなければならない!
  • 何度も自分で役所や裁判所に足を運ばなければならない!

相続放棄の専門家である弁護士にぜひご相談ください!

1-1. 相続放棄という難しい手続を確実に処理できる

相続放棄は認められるか否かによって、相続する借金が無くなるかどうかが変わります。この場合に、一般の方が行われた場合に、相続を認める行為を行ってしまった場合や、期限を過ぎてしまった場合、又は不備があり不受理となってしまった場合、取り返しの付かない事態となります。

そのため、相続放棄とは絶対に失敗のできない危険な手続である事から、これを経験豊富な弁護士に依頼する事で確実に処理する事ができます。

1-2. 代理人になってもらうことができる

第一に、弁護士が債権者や親族とのやりとりの代理人になってくれる、ということが挙げられます。例えば、債権者などから問い合わせがあった場合に、「弁護士に依頼しているので、弁護士に確認してください」と、弁護士に対応を任せることが可能になります。

相続放棄は法的な手続きのため、分からないことやややこしい対応・手続きが多くありますが、弁護士に依頼すると、弁護士が全てに対応することができます。

1-3. 3ヶ月という限られた期限内で迅速な対応が可能

相続放棄は原則として、3ヶ月という短い期間で、必要書類を揃え、家庭裁判所に申し立てを行う必要があります。

相続放棄を行うことを決定し、書類を集めるだけでも自分一人で行うと相続以上の時間がかかってしまいます。このように、相続放棄手続きには迅速な対応が求められるわけですが、弁護士に依頼することで、3ヶ月の期限内にしっかりと手続きを終えることができます。

相続放棄が認められなかった場合の対応や、手続きが遅れてしまった場合の処理など、その他の様々な対応も弁護士に任せることができるため、非常に安心です。

1-4. 相続放棄が適切かどうかの判断ができる

前述している通り、相続にはいくつかの方法があり、そもそも相続放棄が本当に適切なのかどうか、自分で判断するのは非常に難しいかと思われます。また、相続放棄は一度申し立てを行うと、撤回が認められないため、相続財産の選択が適切であるかどうかを、3ヶ月以内に慎重に吟味する必要があります。

そのような相続放棄が適切かどうかの判断についても、もちろん弁護士が調査を行い、最適な方法をご提案することができます。

1-5. 自分自身への作業負担が軽減できる

相続放棄は、家庭裁判所を介して行う手続きです。普段行き慣れていないまた平日しか開いていない裁判所へ出向くこと自体、一苦労になることと思われます。

また、必要書類の作成や裁判所からの電話対応など、慣れないやりとりが重なっていくと、一つ一つの作業自体はさほど重くはないとしても、気付かぬうちに相当なストレスを抱えてしまう可能性が大いにあります。

弁護士に依頼をすると、弁護士は相続放棄の手続きをすべて代理してくれるので、こういった事務作業から解放されるという点でも、相続放棄の手続きを弁護士に依頼することは非常におすすめです。

ご自身で行った場合

相続放棄をご自身で行った場合

● 当事務所弁護士にご依頼いただいた場合

相続放棄を弁護士に依頼した場合

2. 弁護士と司法書士の違い

実は、相続放棄の専門家として、弁護士以外にも司法書士も対応することが可能です。そのため、司法書士と弁護士どちらに相談したら良いのか悩んでおられる方もいらっしゃるかと思います。

では、弁護士と司法書士がありますが、どちらに相談すべきでしょうか。ここで、弁護士と司法書士の違いをご説明します。

弁護士と司法書士の違い

2-1. 代理権の範囲が違う

弁護士と司法書士では、代理権の範囲が異なります。

弁護士は申し立て人本人と全く同じ活動を行うことができるのに対し、司法書士は書面等の作成の補助を行うことしかできないのです。つまり、弁護士が「代理人」であるのに対し、司法書士が行えることは「代行」になります。

よって、司法書士に相続放棄の依頼をした場合、書類の作成はしてくれますが、申述書や上申書には申し立て人本人の署名・押印が必要になりますし、家庭裁判所の照会先も申述人本人のため回答も申し立て人本人が行う必要があります。

また、相続放棄照会書や回答書の送付先も申し立て人宅になりますし、これらの書類についても作成名義人は申し立て人本人になります。

反面、弁護士に相続放棄の依頼をした場合、弁護士には完全な代理権があるため、弁護士名で申し立てをしてくれて、事件は弁護士申し立て扱いになります。よって、相続放棄照会書や回答書などの書類も弁護士事務所に送られ、これらの書類作成も弁護士名で行うことができるため、依頼人が対応する必要がなくなります。

このように、相続放棄の手続きは、司法書士よりも弁護士に依頼する方が、メリットが非常に大きいためおすすめです。

2-2. 費用はほぼ変わらない

料金については、以前は弁護士のほうが少し高めの相場でしたが、最近はあまり差がなくなってきました。当事務所でも、初回相談は無料で対応しております。

トータルでみた費用の相場としても、弁護士も司法書士も、平均的には「5万円前後」、低額なところで「2~3万円代」というところが出てきています。

もっとも、料金設定の仕方は事務所によって大小の違いがあります。完全に書類の代行だけを低額で行い、戸籍の収集等を別料金で行うところ、相続放棄をする人(依頼人)の数に応じて料金が変わるところ、すべてトータルで一括でサポートする事務所など、様々です。

「弁護士だから」「司法書士だから」といって料金が大きく変わるわけではないので、依頼の費用はその事務所が対応する内容と見比べながら考えたほうが無難です。

3. 弁護士事務所の選び方

上記にて、弁護士と司法書士の違いについて説明をしましたが、では次に、相続放棄の依頼をする弁護士事務所を選ぶ際、どのようなポイントに着目したら良いのでしょうか。

宮崎市内にも多くの弁護士事務所があり、悩まれる方も多いかと思いますので、事務所選びのポイントについて説明いたします。

3-1. 相続事例、その他事例の経験、豊富なノウハウがあるかどうか

相続放棄は、家庭裁判所に「3ヶ月以内」に申請しなければならないといった期限が決まっており、3ヶ月の期限を超えてしまった場合、家庭裁判所から相続放棄を認めてもらえない事も少なくありません。

その相続事例における知識・経験の乏しい事務所では対応が難しく、場合によっては申請が却下されてしまうこともあります。

相続事例のみならず、様々な経験を重ねている弁護士は、相談や対応も非常にスマートに迅速に行うことができます。よって、事務所の実績をしっかりと見極めることも非常に重要になってきます。

3-2. ただ単に手続きを行うだけでなく、相続人のことを考えた提案があるかどうか

相続放棄を検討しており、弁護士に相談しようと考えている方の中には、まずは相談をして、「相続放棄が適切なのか見極めたい」と考えている方も非常に多いと思われます。

当事務所では、そのまますぐにお受けすることはせず、しっかりとお客様の事情についてヒアリングをさせていただき、その中で、本当にご依頼者様にとって相続放棄をすることがベストの選択なのかどうかをしっかりと見極めます。段落

ただこなすだけではなく、最適な提案をしてくれるか、ご依頼者様に寄り添ったヒアリングを行ってくれるかをしっかりと見極めることが重要です。

3-3. 全国展開ではなく、地域に密着した事務所であるかどうか

宮崎県内にも、相続放棄の相談を行える事務所は多く存在します。中には、全国展開をしている事務所もありますが、やはり、地域に密着し、すぐに気軽に相談に行ける事務所をおすすめいたします。

相続放棄は法的な手続きであり、手続き中に何か分からないことや追加で相談したいことがあった際に、地域に密着した事務所ですと、気軽に事務所に来所することが可能であり、弁護士も時間調整が非常にしやすいといったメリットがあります。

当事務所は、地域に密着し、少しでも多くの宮崎県の皆様のお力になれたらと考えております。立地といたしましても、非常に来所しやすい便利な場所に構えておりますので、ぜひお気軽にいつでもご相談ください。

初回相談は無料ですお気軽にご相談ください

お問い合わせ 0985-41-5524 よいここにしよう

ご予約・お問合せはこちら

初回相談は無料です
お気軽にご相談ください

新規予約専用ダイヤル

よい ここにしよう

0985-41-5524

平日10:00〜20:00

初回相談は無料ですお気軽にご相談ください

ご相談のご予約・お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください なお、お電話での法律相談はお受けできませんので、ご了承いただけましたら幸いです

新規予約専用ダイヤル

TEL 0985-41-5524 よいここにしよう

TEL 0985-41-5524 よいここにしよう

電話受付時間平日10:00〜20:00

駐車料金は、当事務所が負担いたします
ページTOPヘ